トップ / ヒップに脂肪がつく悪習慣

ヒップに脂肪がつく原因とは

ダイエットしてもエクササイズをしても一向に大きなヒップ、垂れたヒップの改善に効き目がない!というあなた。もしかしたら、日ごろの生活習慣に原因があるのかもしれません。こんなことがヒップを垂れさがらせる原因だったなんてと驚きの事実かもしれませんよ。日常生活の中でヒップを大きくする原因を知っておきましょう。

<長時間座ったままのことが多い>
オフィスのデスクワークなどで長時間座っているときの姿勢を思い出してみてください。このとき腰を丸めて座っていませんか?坐骨が広がると自然と足の付け根が外側に張り出すようになり、下半身のお肉も同様に外側に張り出してお尻が大きく見えるようになるのです。椅子に座っているときは、なるべく腰を丸めずお尻の穴をキュッとさせるクセをつけると、効果てきめんでヒップアップしてきます。

<サイズが合わない下着をつけている>
小さめのサイズの下着をつけていると血行不良の原因です。さらにむくみや肌荒れの原因になってしまい良いことなしです。逆にぶかぶかの下着をつけているとお肉が流れたり形がどんどん崩れてしまいます。サイズ計測はいい加減にせず身体にあった下着を選びましょう。

<気がつけば猫背になっている>
気がつけば猫背になっているのなら、今すぐ直さないとヒップに緊張感がなくなり、ますます垂れてしまう原因です。天井から頭を糸で引っ張られている感覚で背筋を伸ばして歩きましょう。また、膝から歩く膝歩きをやめて、足が着地するときはひざが伸びている股関節歩きを心掛けましょう。股関節を使って、足を後ろにしっかり引いて歩くと、それだけで自然にヒップアップされていきます。

日常の中ですぐにも直せることばかり。少し意識するだけでヒップへの効果は絶大です!